まず社長が本気になる。
そして社員を本気にする。

奇数月は、理念を考える勉強会。
仕事や会社の経営はうまくいくことばかりではありません。うまくいかないときほど「なんでこんな苦労をしているのだろう」「社員にももっと頑張ってもらいたい」と思ってしまうものです。会社が試練のときに踏ん張って成長路線を歩めるかどうかは、経営者に「なぜ仕事をするのか」「会社の存在意義は何か」「社員のやりがいとは何か」といった理念があるかどうかにかかってきます。
奇数月開催

開催スケジュール

2020年11月10日、2021年1月13日、3月19日、5月13日、7月15日、9月14日、11月15日(18:30~21:00 リアル参加@横浜オフィス、オンライン参加@Zoomのいずれかをお選びいただけます)
コンサル契約いただいているお客様が対象ですが、1回限り無料でオブザーバー参加いただけます。

経営者のこんな悩みを解決します!

  • 社長ばかりが頑張っていて、なかなか社員が本気になってくれない。
  • 稼ぐことばかり考えてきたけど、何のために頑張っているのか疑問に感じてきた。
  • 一生懸命に経営をする仲間と意見交換をしたい。
  • どうすれば、部下がもっと自分のいうことを聞いてくれるか知りたい。
  • どうすれば、もっと優秀な社員を採用できるか?
  • 優秀な社員ほど、すぐに会社を辞めてしまう。
  • 稼ぐことばかり考えてきたけど、何のために頑張っているのか疑問に感じてきた。

勉強会の特徴と進め方

理念がある会社と経営者は強い!

  • 参加者に合わせたテーマに沿って講師が参考図書を決め、輪読します。
    (これまでに取り上げた参考図書の例)
    「京セラフィロソフィ」(稲盛和夫)、「経営者の教科書」(小宮一慶)、「経営計画は利益を最初に決めなさい!」(古田土満)、「リーダーのための経営心理学」(藤田耕司)など
  • 感想や意見交換と講師のコメント
    輪読した内容について、参加者が感想や各社の取組、今後実践することなどを発表し、講師がコメントします。
  • 参加者同士のコミュニケーションが成長意欲を高めます。
    簡単な飲み物とつまみを用意して、参加者同士の意見交換をします。経営者は日々課題を抱え、迷ったり悩んだりして孤独なものですが、この勉強会には、同じように悩みながらも経営を伸ばそうと努力する仲間がたくさんいます。この仲間の存在が「自分も頑張ろう」というモチベーションになります。

  • どんなことでも講師に相談できます。
    勉強会の中で、あるいは勉強会の前後に、講師に経営の相談ができます。経営、法律、会計に通じる講師が皆様のお悩みを解決します。
  • 勉強会に参加できなかった場合も欠席者のフォローをします。
    勉強会には毎回出席いただくのが理想ですが、スケジュールが合わないなどの理由で欠席された場合には、参考図書の該当部分とともに、講師からコメントやアドバイスを差し上げるなどしてフォロー致します。
  • 感想や意見交換と講師のコメント
    輪読した内容について、参加者が感想や各社の取組、今後実践することなどを発表し、講師がコメントします。

 勉強会で取り上げる主なテーマ 

会社の経営理念の作り方と社員への伝え方
お金のためだけに仕事をしている社長と、社員のため、お客様のため、そして社会をよくするために働いている社長では、仕事に対する熱意や瀬戸際での踏ん張りが大きく違います。何のために会社があるのか(会社の存在意義=経営理念)や、何のために仕事をするのかを社長が腹の底から理解できると、仕事に熱中し、仕事が楽しくなり、その結果経営が伸びていきます。
会社で働く社員も一緒です。給料をもらうために嫌々働いていたり、上司の目を盗んで仕事の手を抜く社員がいる会社では大きな成長は望めません。しかし、社員に社会的使命を自覚して働いてもらうのは、社長がそれを自覚して働くよりさらに難しいことです。
この勉強会では、経営理念の作り方や、理念を社員にも実感してもらうための「理念マップ」の作り方などをお伝えします。
売上を最大にする営業

全ての会社は、どんなに優秀な社員がいても、商品やサービスが売れなければつぶれます。
売上を最大化するためには、①商品やの質、②価格、③どのように自社の商品、サービスが選ばれているかの3つの要素を考え抜き、他者との違いを考えて決定しなければなりません。
お客様は良い商品やサービスを買うのではなく、よく見える商品やサービスを買うのです。そして、人は「価格以上の価値があるか」という理性だけでなく、「好きか嫌いか」という感情で購入を決めます。「購買活動の8割は衝動買い」といわれる所以です。
その他にも、「客はみんなが良いというものを買う」「客は商品の性能そのものでなく、魅力的な未来の自分を買う」など、人が商品やサービスを買う心理を脳科学的にアプローチして考える必要があります。
営業とは、自社の商品やサービスを説明することではなく、お客様がどんなことで悩み、どんな願望があるかを聞き出すことです。上手にニーズを聞き出せるようになると、一気に売上が上がります。

社員を本気にさせるリーダーシップ
「社員がなかなかいうことを聞いてくれない」「もっと全力で働いてほしい」「社長の思いをもっと分かってほしい」
こう思う社長は多いものです。しかし、社長がいくら社員のことを思い、正しいことを言っても、社員から尊敬されていなければ、社員は社長が言うことを聞いてくれません。
社員は社長が何を言うかではなく、何をしているかを見ています。まずは社員の幸せ、やりがい、成長だけを考え、誰にも負けない努力をして下さい。そして①部下の話をよく聞く、②褒める、③感謝する、④常に自責でいる、⑤成長を実感させる、⑥笑顔を絶やさないなどを意識して過ごすと、次第に社内に「社長についていこう」という雰囲気が出て、社員が本気で動き出します。
人の採用と育成

どんなに優秀な社長であっても、一人でできることには限界があります。たくさんの社員がベクトルを合わせ、本気で働いている会社が経営を伸ばしています。
社員を採用する際には、能力よりも、会社の社風や理念と考え方が合うかを重視すべきです。社員が会社に求める3つの欲求に合わせて採用活動を進めていくことが成功のコツです。
1つ目は生存欲求。生活に困らない給料が払われることです。給料は安すぎると社員はやる気を失いますが、高くすればするほどやる気が出るとは限りません。
2つ目は承認欲求。自分を仲間として受け入れてもらい、自分のやっていることが会社や仲間の役に立っている実感を求めます。
3つ目は成長欲求。人は誰でも成長したいと願っています。この会社に入るとどのように成長できるかが見えないと、社員は不安を感じます。
入社後はこの3つの欲求を満たす仕事を与えることが社員を成長に導きます。社員に多額の研修費をかけている会社が必ずしも成長しているとは限らないことがポイントです。

無限の可能性を信じる心の大切さ
本気で「できる」と思ったことは必ず実現しますし、少しでも「できないのではないか」と疑念を持ったことは実現しません。これは、なにも宗教がかったことではなく、本気で実現したいことがあると、「どうやれば実現できるか」を潜在意識の中で寝ても覚めても考え続けますので、新聞や他人の話などに成功のヒントがあればすかさず気がつきます。そして、実現のためにはどんな苦労もいとわず、誰にも負けない努力ができます。だからこそ、「自分のできることなんてたかが知れている」と決めつけないで、人の持つ無限の可能性を信じること、そして高い目標をかかげ、強烈な願望を心に抱くことが大切になるのです。
売上を最大にする営業

全ての会社は、どんなに優秀な社員がいても、商品やサービスが売れなければつぶれます。
売上を最大化するためには、①商品やの質、②価格、③どのように自社の商品、サービスが選ばれているかの3つの要素を考え抜き、他者との違いを考えて決定しなければなりません。
お客様は良い商品やサービスを買うのではなく、よく見える商品やサービスを買うのです。そして、人は「価格以上の価値があるか」という理性だけでなく、「好きか嫌いか」という感情で購入を決めます。「購買活動の8割は衝動買い」といわれる所以です。
その他にも、「客はみんなが良いというものを買う」「客は商品の性能そのものでなく、魅力的な未来の自分を買う」など、人が商品やサービスを買う心理を脳科学的にアプローチして考える必要があります。
営業とは、自社の商品やサービスを説明することではなく、お客様がどんなことで悩み、どんな願望があるかを聞き出すことです。上手にニーズを聞き出せるようになると、一気に売上が上がります。

開催スケジュール

2020年11月10日、2021年1月13日、3月19日、5月13日、7月15日、9月14日、11月15日(18:30~21:00 リアル参加@横浜オフィス、オンライン参加@Zoomのいずれかをお選びいただけます)
コンサル契約いただいているお客様が対象ですが、1回限り無料でオブザーバー参加いただけます。

ファシリテーター

三谷 淳(みたに じゅん)
未来創造グループ代表(弁護士・税理士)
ゴールから逆算する勉強法で慶應義塾大学法学部在学3年時に当時合格率2%の最難関国家試験である司法試験に最年少合格する。弁護士登録後は、裁判にならない交渉術や紛争予防法を研究し、その紛争予防スタイルから「日本一裁判しない弁護士」と呼ばれ、企業経営者からも絶大な支持を受ける。
京セラ創業者稲盛和夫から盛和塾にて直々に経営哲学を学ぶことが転機となり、日本をリードする多数の経営者の目標設定や実践方法を目の当たりにする。また、団塊ジュニア世代の中小企業経営者が時代の日本をリードするとの信念のもと、平成22年に同世代経営者勉強会【S70’s】を立ち上げ、そのうち7社が新規上場を果たす。
2001年~2012年に母校の慶應義塾大学法学部、法科大学院で講師を務める。その他、講演歴としてSMBCコンサルティング、浜銀総研、立命館大学など、著書に「伸びてる会社の意外な共通点」(合同フォレスト)「目標達成の全技術」(日本実業出版社)など、執筆歴として東洋経済オンライン、致知、ビジネスロー・ジャーナルなど多数。
2017年税理士登録。2018年未来創造コンサルティング立ち上げ。2019年未来創造税理士法人立ち上げ。

勉強会会場・アクセス

未来創造コンサルティング(横浜オフィス)

住所 横浜市西区北幸1-11-15 横浜STビル7階
TEL 045-624-8818
交通アクセス 横浜駅西口徒歩4分

※参加者多数の場合、近隣の会議室に会場を変更することがあります。その際は個別にご連絡致します。
交通アクセス 横浜駅西口徒歩4分

理念経営勉強会 参加申込

2020年11月10日、2021年1月13日、3月19日、5月13日、7月15日、9月14日、11月15日 18:30~21:00、横浜オフィスで開催です。
コンサル契約いただいているお客様が対象ですが、1回限り無料でオブザーバー参加いただけます。
申し込み後、キャンセルされる方は必ず前日までにご連絡ください。

フォームから送信された内容はマイページの「フォーム」ボタンから確認できます。
お申し込み

中小企業が経営を伸ばすことは、日本を救うということだ!